So-net無料ブログ作成
検索選択

リスニングパワーを本気でレビュー!評判口コミ効果購入

スコットペリーのリスニングパワーのどこよりも詳しいレビュー、評判、口コミ、効果、2chでの評価、ヤフオク、オークション、中古、テキスト、やり方、使い方、購入、CD、感想など。

 
前の5件 | -

リスニングパワーCD&テキストの暴露レビュー! [リスニングパワー CD テキスト レビュー]

リスニングパワーCD&テキストの暴露レビュー!


初めまして、テルと言います。


ネイティブ英語が聞き取れる、そして外国人と英語で会話ができる、それは私の長い間の憧れでした。


中学、高校、大学と10年間も英語を勉強しているのに、いざ会話をしようとしても、話す事どころか相手の言っていることさえ分からないなんて、考えてみれば不思議な話ですよね。


その理由は日本の学校での英語教育は、会話をする事には全くと言ってもいいほど、力を入れてこなかったからだと思います。


私は社会人になってから、接客業に付きましたが、たまに外国人も来る事があり、英語で話しかけられることがあります。


仕事上の事なので無視する訳にもいかず、何とか言葉の端々の単語を聞き、「多分こんなことを言っているのだろうな」と一か八かの気持ちで答えを返していましたが、冷や汗ものでした。(笑)


しかも中学生で習った程度の、単語だけを並べた、およそ会話とも言えないレベルのものです。


それでも英語しか話せない外国人には、英語で返してあげたことに対して、大変感謝されたりもしました。


いつまでもこれではいけない、と決心した私は、何とか相手の言っていることを理解出来るようになりたいと、教材を探して勉強することにしたのです。


そんな時に出会ったのが、

「30日で英語耳になれる!リスニングパワーCD&テキスト」

でした。


公式サイトを一目見て、何かビビッと来るものがあったので、思いきって購入してみました。


この教材を実践してまだ1ヶ月ちょっとですが、前よりリスニングがだいぶ出来るようになってきた実感があるので、購入してよかったと思っています。


このブログでは、「リスニングパワーCD&テキスト」を私なりにレビューしてみたので、良かったら参考にして下さいね。



リスニングパワーの動画はこちら










私がリスニングパワーを購入した理由は、日本語を母国語として話す、日本人のために開発されたものだったからということと、日本人にとって難しいとされている英語の”音”に焦点を当てていたものだったからです。


その音というのも、単に発音の音ではなく、周波数に注目した、今までの教材にはない本格的な発音の聞き取りを目的としたものだったのです。


これなら私が発音するときでも、耳で覚えた発音で話せるので、相手にとって分かりやすいのではないかと思えました。


英語と日本語では周波数が異なるなんて考えたこともなかった私には、目からうろこでした。


恐らく多くの方がそうではないかと思いますが。


日本語の周波数は、英語に比べて低くて、世界の中でも一番低い周波数の部類に入るそうです。


その一方で、英語の周波数はと言うと、世界でもっとも高いのだそうです。


ヨーロッパ人などの他の民族に比べて日本人が英語に弱い理由は、日本語の周波数にあったという訳ですが、そこに注目して作られたリスニングパワーのCDは、他に例を見ない独特のものでした。


初めて聞いたときはちょっと驚きましたね。


何しろバックグラウンドに流れる、まるで聴力検査のようなビーとかプーとかのような音が入っていて、聞き慣れない不思議な音達にビックリしました。


けれどもこれこそが、日本語にはない英語の周波数で、子供のころから私達の中で眠っていた、ヒアリング能力を目覚めさせ、英語耳に導いてくれるものです。


そんな訳で、このリスニングパワーは日本人の耳を集中的に鍛え、英語耳にしてくれる教材になります。


そしてこのリスニングパワーは言語学者、医学博士、語学講師、サウンドエンジニアなどの科学者たちのグループの協力を得て作られたものですから、30日間、聞き流すだけでも、今まで聞こえなかった英語の音が耳に入ってくる感覚を体感することが出来るでしょう。


この日本人のための英語の周波数は、特許出願中(出願番号2012-232119 )でもあります。


このように、聞き取りや発音に関しての多くのメリットがある「リスニングパワーCD&テキスト」ですが、一方ではこのような側面もあります。


この教材は、日本人が日本語にない英語の音を聞き取れるようになることに重点を置いたものですから、英語を話すことが主体ではありません。


ただし、そうは言っても、色々な例文を聞くうちに結果として話せる力が身につくことは十分考えられますが。


私の場合ですが、最近では、たまにお店に来る外国人とも物おじせず話せるようになりました。


一か八かの答えではなく、相手が何を言っているのかはっきり分かるようになってきたので答えにも自信が持てますし、このCDとテキスト(ちなみにDVDは付属していません)で勉強した甲斐があって、発音が格段に良くなった結果、相手の方にもよく伝わるようになったのです。


そして、気が付いたらいつの間にかちゃんと会話にもなっているので、自分自身驚きました。


教科書にあるようなきちんとした文法の会話ではありませんが、充分伝わります。


今ではそれが嬉しくて、以前から通っているスポーツジムにアメリカ人がいるのですが、何かと捕まえては話しています。


お客さんだと気を使いながらの会話になりますが、こちらでは少々おかしいかなと思った使い方でも気にしなくていいので気が楽です。


このように、私の例をとってみても、英語が正しく聞き取れるようになると自分の世界も広がり、会話の幅も広がると言えるでしょう。


けれども、この教材には向いてない方も中にはいるようです。


例えば、会話の例文暗記を求めている方とか、受験用の英文法を身につけたい方などには向きません。


向いているのは次のような方です。


ネイティブ英語が聞き取れるようになりたい。


映画などを字幕なしで楽しみたい。


発音がネイティブのようになりたい。


ネイティブの会話のスピードに慣れたい。


他にも、外国人と仕事をする場合のレベルアップを目指す方、旅行で現地の人と交流を図りたい方とか、外国人の友達や彼、あるいは彼女が欲しい方、英語の勉強がしたくても近くに英会話スクールがない方にもお勧めです。


また、TOEICテストのリスニング対策にも有効です。


リスニングパワーの使い方は簡単で、とにかく何度も繰り返して聴くこと、ただそれだけです。


リスニングだけでなくスピーキングもできるようになりたいなら、それに加えてシャドーイング(音声を聞いた後即座に復唱すること)もすると効果的ですよ。


ちなみにちょっと調べてみたのですが、英会話スクールのマンツーマン(40分~50分)レッスンで、6000円~8000円くらいかかるようです。


その他に、入学金として3万円くらいは、必要です。


この教材と比べると、かなり高額ですね。


ちなみに、スコットペリー本人から、直接英語の発音のレッスンを受けようとしたら、3ヶ月ほどの1コースで20万円ほどかかります。


これほどの金額のレッスンなんですが、もう予約で一杯だそうです。


このように、色々な事情で直接レッスンを受けられない人にも、「リスニングパワーCD&テキスト」は強い味方になってくれると思います。


もしも購入を迷っているのなら、4大特典(詳しくは公式サイトを参照)が付いている今が購入のチャンスではないでしょうか。


スコットペリーによる、30日間のメールで質問できるサポートも付いているのでより安心です。


このリスニングパワーで勉強した結果、字幕なしで映画を見られるようになったらきっと楽しいですよね。


いちいち字幕を見なくていいので、映画に集中出来ます。


ネイティブ英語が分かることで、友人や職場の人にも頼りにされるでしょうし、外国の人と付き合うようになれば、世界も広がりますね。


そのようなカッコいい自分を目指して、「リスニングパワーCD&テキスト」を始めてみませんか。


私のレビューでは書ききれなかった沢山のメリットが、まだまだリスニングパワーにはあります。


以下のサイトに、多くのリスニングパワー実践者の感想が掲載されているので、あなたの今の状況に近い人の感想をぜひ参考にされて下さい。



30日間英語脳育成プログラム!リスニングパワー公式サイト ↓ ↓ ↓

スコットペリーのリスニングパワー公式サイト



nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

【良い?悪い?】リスニングパワー(スコットペリー)の評判・口コミ・感想 [リスニングパワー 評判 口コミ 感想]

リスニングパワー(スコットペリー)の評判・口コミ・感想


アメリカ人言語学者、スコットペリーが独自に研究、開発したオリジナル教材である「リスニングパワー」が今評判になっていますが、果たして効果はどうなのでしょうか。


「リスニングパワー」の評判や口コミ、感想などを調べてみたところ、いくつかありましたので紹介します。



「子音や母音の違いを知るにはいいのですが、英会話を聞き取れるようになるには、別の教材もあわせて用いると効果が出るのが早いかも」


この口コミでの”別の教材”とは会話に重点を置いたCDなどのことでしょうか。


確かにこの教材は、聞き取りを重点に作られたものです。


しかし英会話に慣れるには、まずは沢山の英語をひたすら聞くことで発音が学べます。


赤ちゃんの時には周りの人の言葉を聞くだけですよね。


文法のような難しいことは教えなくても自然に話せるようになります。


言葉というのはまずは耳から入ってくるものなんですね。


私の知人の娘さんの話を例に取ると、日本で仕事をしているオーストラリア人と結婚し、数年後にオーストラリアで夫の両親と暮らすことになりました。


当時本人はほとんど英語が話せなかったのですが、数年後に日本の実家で休暇を過ごすため、お正月に帰国していた彼女と街で偶然会いました。


ご主人と一緒だったのですが、2人で話す時はすべて英語だったので驚き、あちらで英会話スクールに通ったのかと尋ねましたが「そんな学校は田舎なのでないです」と笑っていました。


日本のことわざで、”郷に入っては郷に従え”というのがありますが、まさにオーストラリアでは周りがみんな英語なので英語に自然に染まったのですね。


このことから言えるように、わざわざ英会話のCDを買わなくても「リスニングパワー」で英語に慣れ、英語耳にする事によって、話すことも自然とできるようになるのではないかと思います。


もちろん、ある程度の実践練習も必要だとは思いますが。


「以前就職のためにTOEICを頑張った経験があります。 留学したこともない普通の社員ですが、海外の事務所に勤務になり焦りを感じて購入しました。 使い始めて1か月程ですが、まあまあ聞き取りやすくなったような気がします。 改めてTOEICの音声を聞いたらほぼ全て聞き取れました。 ちなみに普段はアジア圏の人達と会話をすることが多いので、英語は使っていてもTOEICの発音に直結する環境ではないので、効果があったのだと思います」


というこの口コミでは、”習うより慣れろ”とのことわざがありますが、それが大切なことが分かります。


やはり英語はまず耳からですね。


「毎日聴いていると英語の一つ一つの音が少しずつはっきりと、聞こえてくるようになってきました。 リスニングに特化した教材なので、英語が話せるようになりたい方は、まずリスニングパワーでしっかり練習して、その後、他の教材で勉強するといいと思います。」


たしかに、「リスニングパワー」は主にネイティブ英語の聞き取りに重点を置いています。


まず聞き取りが上手くいかない事には会話も成り立たないと思いますので、この教材で勉強してから会話に焦点を当てた教材で学習すると効果はより大きくなるのではないかというこの方の意見には、私も同意です。


「日本人の英語とネイティブの英語の違いがわかったので、英語学習に効果はあったと思う。 ただ、高周波によって英語耳になったかはわからない」


と言う口コミですが、日本語の周波数に慣れている日本人は、周波数の異なる英語を聞いても、英語本来の音を聞き取ることができず、日本語に近い音に置き換えて理解してしまうのですね。


「リスニングパワー」には聴くだけで日本人が英語を聞き取れるようになる周波数エリアを特定して、会話の中に流しています。


それがツーとかキーとか聴覚検査の時のような音ですが、自然に耳に入ってきますよね。


日本人の英語とネイティブの英語の違いがわかったと言うのはその効果が現れているものではないでしょうか。


続けて学習していけば、きっと発音もきれいになりますよ。


「リスニングパワーは、決して短期間で英会話ができるようになるという英語教材ではありません。 目的は、英語耳を作ることです。 言い換えれば、英語が聴き取れるようになるツールといったところです」


ある意味この口コミ・感想は正解と言えます。


そもそも「リスニングパワー」という英語教材は、英語を聴き取ることができるようになる教材です。


要は、英語耳を作るための英語教材なのです。


公式サイトに『ネイティブに通じる発音です』と書かれていますが、これをもう少し分かりやすくいえば、英語を正しく聴き取れれば、『今後の学習次第』でネイティブに通じる発音(正しい発音)もできるようになるということです。


英語発音の上達に欠かせないのは、リスニング力の向上です。


そのための基礎となるのが「リスニングパワー」だと言えるでしょう。


以上が私が調べた評判・クチコミと、その感想です。


英語耳や英語脳になりたい方、ひいては美しいネイティブ発音を目指す方など、この教材が気になる方は下記のレビューを見て下さい。



【注目!】リスニングパワーCD&テキストの暴露レビュー



スコットペリーのリスニングパワー公式サイト ↓ ↓ ↓

スコットペリーのリスニングパワー公式サイト




P.S.
こちらの教材もおすすめです。

ネイティブスピーク(スコットペリー)の評判・口コミ




nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

リスニングパワーってどうよ?2ch・知恵袋での評価 [リスニングパワー 2ch 知恵袋 評価]

リスニングパワーってどうよ?2ch・知恵袋での評価


今評判のスコットペリーの「リスニングパワー」ですが、その評価はどんなものか2chやYahoo知恵袋で調べてみました。


いくつかありましたので、紹介します。



「リスニングパワーだけであなたのリスニング力が飛躍的に伸びるとは限りません。


なぜなら、ひとくちにリスニングが苦手と言っても、苦手な理由は沢山あるからです。


リスニングが苦手な理由はどんなものがあるでしょうか、何点か挙げてみます。


発音が分からない

・文法がわからない

・単語の意味が分からない

・文章全体の意味を把握できない

英語の早口についていけない

・英語のテンポに慣れていない

・ネイティブ英語に慣れていない


上記のようにリスニングが苦手と言っても原因はさまざまですので、解決方法も違ってきます。


使い方によっては「リスニングパワー1つであなたのリスニングは完璧」とはならない場合があるので注意が必要です。」


という評価がヤフー知恵袋にありました。


リスニングパワーの使い方についてですが、少しの時間で良いので出来れば毎日聞く時間を持ってほしいですね。


英語はまず聞くことから始まると言ってもいいでしょう。


何回も繰り返し聞くことによって、単語の意味やテンポや、ネイティブ英語が聞き取れるようになってきます。


そうすれば、発音するときにも、ネイティブのような発音や話し方やテンポで、自然に出来るようになってくるのです。


2chの評価も調べましたが、全体的には人気は上々のようです。


それだけ内容がしっかりしていることが評価された結果だと思います。


そしてまた「このやり方の信憑性に確信が持てました」という評価もありました。


否定的な意見も探してみたんですが、あまり見つかりませんでした。


そんな中で、このような2chでの評価もありました。


「リスニングパワーのやり方がたとえ間違っていたとしても、検証することが出来ないですよね。


間違ったやり方でもある程度力はつくと思うので、だからと言って、その方法が正しいことには当然ならないと思います。」


これに対する私の考えですが、実力が付いたのなら、そのやり方はその人にとって正しかったのだと言えるのではないでしょうか。


この方は、「リスニングパワー」を自分で実践したことがないようなので、あまり参考になる意見ではないかもしれませんね。


リスニングパワーを実際に実践してみた人からの評価は、総じて高評価のようです。


以上が、私が調べた2chや知恵袋での評価でした。


この教材が気になる方は、下記のレビュー記事を見て下さい。



リスニングパワーCD&テキストの暴露レビューはこちら



スコットペリーのリスニングパワー公式サイト ↓ ↓ ↓

スコットペリーのリスニングパワー公式サイト


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

スコットペリーの経歴・プロフィールについて [スコットペリー 経歴]

スコットペリーの経歴について


アメリカ人言語学者、スコットペリーは世界的な英語発音のスペシャリストです。


これまで25年間にわたり2000人以上の日本人の発音矯正を指導していて、発音矯正テクニックや日本人をバイリンガルにするメソッドを培ってきた経歴を持っています。


その中にはハリウッド映画に出演する有名芸能人たちも数多くいます。


スコットペリーはどうすれば日本人が、日本語にない英語の音を聞き取れるかということを研究してきました。


スコットが最初に英語の指導にあたったのは1986年 UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)で日本人交換留学生に英語を教えたのがきっかけでした。


UCLAでは、言語学、演劇と監督、経済学を学び、卒業後は、当時の文部省に英語教師として日本に招かれ、公立の中学校で英語を教えました。


そのとき英語スピーチコンテストに向けて2人の生徒を指導することになり、スコットの指導後、その2人はコンテストにて勝利し、全日本スピーチコンテストにまで出場したのです。


この成功により、スコットは優れた発音指導者として知られることになりました。


現在まで25年に渡り、数々の国際企業での指導のほか、近年では、日本での一般向けのセミナーの他、ハリウッドや日本の芸能業界にて、俳優、シンガーなどに発音指導を行っています。


作家活動、映画、音楽界において発音コンサルタント等も行っている人です。


そんな経歴の持ち主であるスコットペリーが他の言語学者や科学者、サウンドエンジニアの協力を得て、開発したのが「リスニングパワー」なんです。


スコットペリーはまた独自の研究による周波数解析ソフトを開発し、それをを使いながら、日本人が英語を聞き取れるようになるための英語の周波数というのがあって、その周波数を計算しながら「リスニングパワー」を開発したという経歴の持ち主でもあります。


英語と日本語では周波数が異なるということに着目したのもスコットペリーならではの着眼点ですね。


日本語の周波数は英語に比べて低く、世界の中でも一番低い周波数の部類に入るそうです。


その一方で、英語の周波数は、世界でもっとも高いそうなのです。


日本人がヨーロッパ人など他の民族に比べて英語に弱い理由は日本語の周波数にある、というのがスコットペリーの持論です。


ただ聴くだけで日本人が英語を聞き取れるようになる”周波数エリア”を特定したことによって、その周波数を導入した「リスニングパワー」ですから、そのCDを繰り返し聴く事によって、子供のころから眠っていたリスニング能力が目覚めるというわけです。


リスニングパワーは、それらを効率よく学習できる音声教材としてまとめ上げることに成功した唯一の英語学習プログラムと言えます。


周波数解析ソフトが算出した、日本人が英語を聞き取れるようになる周波数というのは、特許出願中(出願番号2012-232119 )になっています。


このように英語と日本語では周波数が異なるということに着目し、日本人がどうすれば日本語にない英語の音を聞き取れるかということを常に研究してきた経歴を持つのはスコットペリーだけだと言えるでしょう。


この教材が気になる方は下記のサイトを見て下さい。



リスニングパワーCD&テキストの暴露レビュー



スコットペリーのリスニングパワー公式サイト ↓ ↓ ↓

スコットペリーのリスニングパワー公式サイト


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び

リスニングパワーの効果は嘘?詐欺じゃないの? [リスニングパワー 効果 嘘 詐欺]

リスニングパワーの効果は嘘?詐欺じゃないの?


リスニングパワー」の著者スコットペリーは、アメリカ人の言語学者で、これまで25年間にわたり2000人以上の日本人の発音矯正を指導してた人です。


その中にはハリウッド映画に出演する有名芸能人たちも数多くいました。


今まで英語に触れていなかった日本人俳優たちが、短期間で、ハリウッドレベルの英語力を身につけているそうです。


その秘密はスコットペリーが他の言語学者や科学者、そしてサウンドエンジニアの協力を得て、開発した「リスニングパワー」というプログラムを聞くように日本人俳優たちに指導しているからです。


人間は、生まれてから3才くらいまでは全ての音を聞き取ることができ、4才を過ぎてからもまだ全ての音を聞き分けることができますが、言語に敏感な4才から11才までの間に育った環境で、言語への適応能力が決まってしまうと言われています。


そして12才を過ぎてからは、英語をいくら聞いても日本語の似ている音に置き換えてしまうようになります。


そこでスコットペリーが注目したのが周波数でした。


日本語の周波数に慣れている日本人は、周波数の異なる英語を聞いても、英語本来の音を聞き取ることができず、日本語に近い音に置き換えて理解してしまうといいます。


聴くだけで日本人が英語を聞き取れるようになる周波数エリアを特定しそれを利用して作ったのが「リスニングパワー」です。


実際にそれらの俳優たちに効果は現れている訳ですし、俳優以外の人でも「リスニングパワー」を聞くことで、日本語の音に慣れている日本人の耳を「英語耳」にしてくれる効果があります。


ネットの口コミやYahoo知恵袋などにも、「RとLの聞き取り訓練や、正しい発音の訓練などが細かくCDの中に収められていてリスニング力は一気に向上しました」とか「映画を見たり、アメリカのテレビドラマを見る時に、英語をハッキリと聞き取れるようになりました」など、多くの喜びの声が寄せられています。


このように沢山の方に効果があって、支持されている「リスニングパワー」なので、決して嘘でも詐欺でもありません。


私自身も、このリスニングパワーを実際に購入しましたが、今まで聞き取れなかった単語や文章が聞き取れるようになるなど、ちゃんと効果はありましたよ。


この教材が気になる方は下記のサイトを見て見て下さい。



【必見!】リスニングパワーCD&テキストのレビューはこちら



スコットペリーのリスニングパワー公式サイト ↓ ↓ ↓

スコットペリーのリスニングパワー公式サイト


nice!(0) 
共通テーマ:資格・学び
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。